洗顔石鹸について研究したサイト

洗顔石鹸を選ぶ!

 

やっぱり、固形石鹸イコール洗顔石鹸という印象が強いですよね♪
もちろん、すべ店お石鹸が固形というわけではなく、種類も製品もそれなりにありますが。

 

では、そんな洗顔石鹸のベストな選び方を見てみましょう。

 

・きちんとした石鹸をチョイス。

 

何といっても、成分表が石鹸選びをするうえで一番役に立ちます。
洗顔石鹸の中でも、特に化粧として扱われているものは薬事法の決まりで、全成分を表示しなければいけないことになっているのです。
その中でも、気をつけたいキーワードが・・

 

・弱酸性
・植物性
・環境への優しさ
・赤ちゃん肌でもOK

 

これらのキーワードが記入されているのにもかかわらず、残念ながら合成洗剤のものも中にはあるのです。
また、アルカリと脂肪酸でできた、アルカリ性の石鹸もあります。
脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムが98パーセント以上配合されているものと決まっているものが、純石鹸と呼ばれており、
よくある無添加や石鹸素地と呼ばれている合成物質を全く含んでいない石鹸を選ぶのがおすすめです。

 

そして合成界面活性剤(石油系)が、使われていないいわゆる無添加のものや酸化防止剤や凝固剤とよばれる合成化学成分も
使われていない無添加な石鹸を選ぶようにするのもよいかと思います。
ですが、ここで気をつけたいのは無添加という一言で、曖昧さをうたっている石鹸も世の中にはたくさんあるので、
その際には、以下の成分が配合されていないこともチェックするとよいかと思います。

 

・EDTA
・乳化安定剤
・変質防止剤
・香料、着色料

 

きちんと自分自身で、完璧なきちんとした天延の石鹸洗顔が選べるように知識を入れておくことも、大切なことです。

 

 

肌に合う石鹸とは。

 

やはり、自分で実際に使用してみないといまいちわからないということもありますが、とにかく洗顔石鹸は自分に合うものを
選ばなければ、元も子もありません。
きちんとそれには、まずは自分の肌タイプを知ることも重要で、自分の肌タイプを知りそれにあわせて洗顔石鹸を選びましょう。
もちろん、肌タイプは、年中同じというわけではなく、自分の体調や環境、季節なども大きく関係しそれに伴い変わってきます。
この移り変わりもしっかりと気にしつつ、洗顔石鹸を選ぶことが大切です。
肌タイプは以下のように

 

・普通肌
・乾燥肌
・脂性肌

 

このようにざっくり分別できるので自分の肌タイプはどれかリサーチしてみてください。

 

泡立ちや洗浄力をチェック

 

自分の肌タイプにマッチしている石鹸から、更に泡立ちや洗浄力もきちんと見てみることにします。
やはり、洗浄力も、あればある程よいというわけではありませんしね。
ここで、しっかりと本当に洗顔石鹸だと、少しの量でも泡立ちがよく、洗浄力もバッチリだといえます。

 

 

逆に、あまり泡立ちを感じることができない石鹸で洗顔してしまうと、表面を擦りすぎてしまい、肌のトラブルが出てしまう
可能性もあるので、泡立ちもしっかりと意識しましょうね♪

 

 

値段に左右されないで!

 

やはり洗顔石鹸は、値段の幅もかなり変わってきます。
これは成分等も関係しているのですがやはり、高ければ高いものを使えばよいというわけでもないんです。

 

 

自分の肌にきちんとマッチするものはどれなのかを、しっかりと洗顔石鹸の情報源である成分表や、自分の肌タイプの視点から
きちんと調査し、しっかりと自分にマッチする洗顔石鹸を使って、美肌を保ちましょう!